━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆プロ・ライター、また多方面で活躍されている野田誠司氏のコーナー◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
All Over The World:The Very Best of ELO
ベリー・ベスト・オブ・エレクトリック・ライト・オーケストラ
ソニー・ミュージック MHCP-7592005.7.20発売 \2,520(税込)

70〜80年代にかけて活躍した、弦楽器を配したシンフォニック・サウンド
をベースにしながらもポップセンス溢れる、ジェフ・リンを中心としたバンド、
ELOの珠玉のポップ・ベスト・アルバムがこれだ。
各アルバムからヒットチューンを中心に収録してあるが、あらためてジェフ・
リンのポップセンスに脱帽する。後期ビートルズのピーク時と同期にデビュー
した(68年)The Move(結成は66年)に在籍していたロイ・ウッドとジェ
フ・リンを中心にELOを結成(70年)し、ロイ・ウッドは1作で抜けたも
のの、残ったジェフ・リンがその後のELOの栄光を築き上げていった。

本作には日本盤のみ、フジTV系木曜ドラマ「電車男」(2ちゃんねるから生
まれた話題の小説のドラマ化)のオープニング曲として使用される「トワイラ
イト」も収録!「電車男」なあなたも、「電車男」でないあなたも、ELOの
極上ポップで幸せな気分に浸ろう!

初回限定スリーヴケース仕様 (US EURO盤には「トワイライト」の代わりに
「Wild West Hero」が収録されています。)

収録曲:
1. TWILIGHT      2. Mr. Blue Sky
3. Evil Woman 4. Don't Bring Me Down
5. Sweet Talkin' Woman 6. Shine A Little Love
7. Turn To Stone 8. The Diary Of Horace Wimp
9. Confusion 10. Hold On Tight
11. Livin' Thing 12. Telephone Line 
13. All Over The World 14. Showdown 
15. Ma-Ma-Ma Belle 16. Xanadu
17. Rockaria! 18. Strange Magic
19. Alright 20. Rock ‘N’ Roll Is King