━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『風のリボン』トワ・エ・モワが歌う美しい日本の歌  トワ・エ・モワ
   ユニバーサルインターナショナル 価格:¥2,476 4月23日発売
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
実は、現在、「Jーフォーク200」(共著)/立風書房 6月発売予定/と
いう単行本を執筆していて、内容のひとつにトワ・エ・モワを書くことになっ
た。僕はここのところ、ピアニストの中村由利子さんとメールのやりとりをし
ていて、中村由利子さんが全面的に編曲とピアノ演奏で参加したトワ・エ・モ
ワの新譜の話を聞き、タイミングが良いと思い、資料を中村さんから送って頂
いた。中村さんのピアノ、曲によっては都留教博さんのバイオリンが入るくら
いの実にシンプルな演奏とトワ・エ・モワの歌で統一されたアルバムで、懐か
しい「空よ」「誰もいない海」「虹と雪のバラード」といったオリジナル以外
は、誰もが口ずさんだことのある唱歌や日本歌謡で占められているアルバムだ。
徹底的に余計なものをそり落とし、しかも、日本のヒーリング・ミュージック
の草分け的ピアニストの中村由利子の演奏、多方面で活躍の都留教博のバイオ
リン、そして、日本のソフト・ロック・ヴォーカルとして再評価されているト
ワ・エ・モワのさわやかで優しいハーモニー。唱歌や日本歌謡がこうもソフト
になるものかというくらい心地良いアルバムに仕上がった。トワ・エ・モワの
ファンはもとより中村由利子ファンにも十分応える独特のピアノの響き、メロ
ディが心の琴線に響く。

 2年前にトワ・エ・モワの1970年発売のアメリカ録音「トワ・エ・モワ
in USA」がCDで再発されたが、それのトワ・エ・モワは、今で言うソ
フト・ロックそのもので、「或る日突然」や「空よ」の英語バージョンや「コ
ンドルは飛んで行く」「ヴィーナス」「ロング・アンド・ワインディング・ロ
ード」といったカバーも収録されている。そう、もともとこの人達は本来洋楽
指向なのだ。そのスタンスのまま、今回のトワ・エ・モワ再々活動の新譜が作
られたと言えば、わかりやすいだろうか。「日本の歌」とタイトルされると、
学校の校内放送あたりで流れそうな感じだが、それとは全く違った、それでい
て懐かしく優しい気持ちにしてくれるアルバムだ。老若男女、区別なく聴ける
希なアルバムである。良い意味で一家に1枚。

参考:   『トワ・エ・モワ イン・U.S.A.&プラス』
      ARCD-1001 \2,500 アルダン・レコード

                               野田誠司
                          http://rockjazz.com