━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           「放送禁止歌」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「放送禁止歌」森達也著(解放出版社)という本がある。僕は、この本のおか
げで放送禁止歌に対する認識が大きく変わってしまった。まず、放送禁止歌と
いうのは、存在しないこと。あくまで自主規制である。僕らが部落差別問題に
関わるとして放送禁止歌と思い込んでいた岡林信康の「手紙」や「チューリッ
プのアップリケ」、赤い鳥の「竹田の子守唄」、政治的な理由で放送禁止と思
い込んでいた「イムジン河」さえ、民放連の「要注意歌謡曲」指定に一度も入
っていない。しかもこの指定制度自体が昭和58年に廃止され、放送の可否は
曖昧な内規のみとなってしまい、局の責任に一任。にも関わらず、局間では共
通した放送禁止歌が、今でも言い伝えられている。この著書はフジテレビの一
九九九年五月二三日午前四時一五分「放送禁止歌〜唄っているのは誰?規制す
るのは誰?」という番組制作の過程がベースになっている。著者は、放送局や
解放同盟、竹田地区などへコマメに取材を重ね番組を制作。ついにはタブーと
されていた岡林信康の「手紙」をフルコーラスで流した。しかし、実際には解
放同盟の糾弾の記録には、「手紙」も「チューリップのアップリケ」も「竹田
の子守唄」も無かったのだそうだ。歌詞そのものが差別しているのでなく、差
別問題や事実が歌われているのだから、差別を助長するといったことがなけれ
ば、放送してもなんら問題はない、というのが解放同盟の答えだった。結局、
議論すら避け、「臭い物には蓋」をし、面倒を起こさないというのが放送メデ
ィアのやり方らしい。これでは現実の差別問題も社会問題も隠されてしまう。

「200CDフォーク」の中で僕が書いたページのごく一部の抜粋です。
もし、日本のフォークに興味があったらご購読くださいね。

「200CDフォーク」立風書房  ¥2,100(本体)
200CDフォーク―伝説の名曲からJ-フォークまで
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4651820603/rockjazzcom-22/

野田誠司 ホームページ http://rockjazz.com/noda/