━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    『Classics』ムッシュかまやつ BMG ファンハウス \3,059 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 昨年秋、リリースされたムッシュかまやつのセルフ・カヴァー集。僕の友人
の久米大作(キーボード)、市原康(ドラム)が参加した、昨年夏リリースさ
れたムッシュかまやつ『Je m' appelle MONSIEUR』から4ヶ月足らずでリリー
スされた『Classics』。どちらもセルフ・カヴァーが入っているが、『Je m'
appelle MONSIEUR』は、小西康陽プロデュースのナレーションなどで綴った編
集もの。こちらの『Classics』は、逆にバラード風に洒落たアレンジで新録音
されたカヴァー集。スパイダース時代の名曲、ソロになってからのヒット曲、
ガロに提供した「四つ葉のクローバー」など懐かしい曲で綴られ、森山良子、
今井美樹のヴォーカル参加も魅力のひとつとなっている。かまやつさんは19
39年1月生まれだから、すでに64歳。60歳を過ぎて、若き日の楽曲をこ
うしてセルフ・カヴァーできるのは素晴らしいなと思う。
 
 60歳を越えたといえば、昨年、一緒に仕事をさせて頂いた井上堯之さん
(ムッシュと同じザ・スパイダース出身)もそうだ。2回のリハから本番まで
うちのホールでお手伝いさせて頂いたが、容姿こそ初老を迎えたという感じで
あっても、ギター演奏の巧みさは井上堯之グループのままだった。PYG時代
の曲をアコースティックで演奏しても、若い頃とは違ったソリッド感があり、
深みが全然違っていた。ムッシュにしても、井上堯之にしても、動けなくなる
までロック・ミュージシャンであり続けるのかもしれない。

 ムッシュ、井上堯之とえいば同じ元スパイダースの堺正章も交えて、ソン・
フィルトルというユニットを結成しており、スパイダース時代のナンバーから
洋楽まで自由な選曲で、しばしばライヴも行っている。そのスパダースのナン
バー・カヴァーがこの『Classics』には多い。ムッシュにとって、やはりザ・
スパイダースは音楽活動の原点なのだろう。若い人には、各曲をオリジナルと
聴き比べて欲しい。若いときに聴いた音楽は、若いときだけのものではないと
いうことを、教わることだろう。

注:井上堯之オフィシャル・ホームページには、僕の書いたライヴ・レポート
  が掲載されてあります。
http://www.inouetakayuki.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━